学校

バリ島の学校

バリ島での学校選びについて

バリ島には、現地の子供が通う公立の学校から、外国のカリキュラムを取り入れた学校まで、様々な学校があります。
大きく分けると公立と私立になりますが、その中でも私立はさらに細かく分けられており、私立/ナショナルプラス/インターナショナルがあります。
外国籍の子供は公立の学校に通わせることができないため、移住者はナショナルプラスかインターナショナルスクールにお子様を通わせることが多くなっています。
日本と違い、バリ島には公共の交通機関が少なく時間も正確ではないため、通学には必ず送り迎えが必要となります。
そのため、自宅からあまり遠い学校を選んだ場合は、毎日の送り迎えがとても負担になることもあります。
住居を決めるには、まず通わせたい学校の所在地などを考慮すべきです。
学校の授業料には学校毎にかなり幅があり、授業料がほぼ無料の公立の学校から、月2,000ドルを越えるインターナショナルスクールまで様々です。
それぞれの学校に特色があり、通っている生徒も学校の雰囲気もかなり異なるので、一度学校に直接行って見学してから決めるのがよいでしょう。

子供を学校へ行かせる場合…学費は?

【一人当たりの幼稚園の学費】
Rp.1,000,000~3,000,000/月(場合により別途入学金)

【一人当たりの小学校の学費】

■インターナショナルスクール:Rp.15,000,000/月(別途入学金)
授業は英語で行われ、独自カリキュラムを導入しています。
高校卒業後に大学に進学する場合は、イギリス系大学のみに限定されることが多くなり、インドネシアローカル大学の受験資格を付与しているところは少ないのが現状です。

■ナショナルプラススクール:Rp.6,000,000/月(別途入学金)
授業は英語とインドネシア語で行われており、国語はインドネシア語を習います。
インドネシア政府の定める授業カリキュラムを導入し、高校を卒業するとインドネシアの大学受験資格が付与されます

■ローカルスクール:Rp.300,000/月(別途入学金)
ローカルスクールには、日本国籍(外国籍)の子供は入学できません。
ただし、父母どちらかがバリ人の場合は入学が可能です。
授業は全てインドネシア語で行われ、授業は早朝から始まり、昼までに終わる所が多くなっています。

ローカル向けの公立&私立について

インドネシア人向けのローカルの学校となるため、こちらでは特にご紹介しません。 通常インドネシア人は、ローカル向けの公立または私立の学校に通わせることが多いです。

【公立】
生徒はほぼインドネシア人ローカルのため、勉強内容もインドネシアのカリキュラムに沿っています。

【私立】
インドネシア人ローカルのための私立なので、雰囲気も勉強内容もインドネシアらしくなっており、外国人にはなじむのが難しいでしょう。

ナショナルプラス校

ナショナルプラス校では、インドネシアのカリキュラムに英語をプラスして行う授業を取り入れています。
算数の授業などはインドネシア語、英語と2つ行われており、子供達も自然にインドネシア語と英語が身につく環境にあります。
ナショナルプラス校の授業料は学校により異なり、比較的安いナショナルプラスには、インドネシアの富裕層の子供も多く通うため、友達同士の会話は必然的にインドネシア語になります。
現地になじみたい場合は良いですが、英語習得が目的の場合にはあまりお勧めしません。

Jembatan Budaya (JB SCHOOL)

JBスクールは、2004年7月創立の大規模なナショナルプラス校です。
プレイグループから高校まであり、クラス数も多くたくさんの生徒が通っています。
中華色が強い学校で、授業では英語の他にマンダリン(中国語)も学習しています。
所在地:KUTA

DOREMI SCHOOL

2015年よりInternational, National Plus schoolsの2つのカリキュラムから選択出来るようになっています。
2001年 幼稚園創立
2003年 小学校創立
2008年 中学校、高校創立
所在地:RENON

Lollypop Preschool and Sekolah Lentera Kasih (SLK)

National /Indonesia CurriculumとCambridge Curriculumの2つのカリキュラムから選択が可能です。
幼稚園(LOLLY POP)と小中高校(LENTERA KASIH)は隣接しています。
所在地 : KEROBOKAN

Taman Rama National Plus School

National CurriculumとCambridge Curriculumの2つのカリキュラムから選択することができます。
1999年創立のTaman Rama National Plus Schoolは、バリ島初のNational Curriculumに英語を組み込んだナショナルプラス校です。
幼稚園から高校まであり生徒数も多い大規模な学校で、2003年、海外からの生徒数の増加に伴いCambridge Curriculumが創立されました。
2007年にはジンバラン地区に姉妹校が創立されています。
所在地 : UBUNG, JIMBARAN

Dyatmika School Bali

1995年創立の、幼稚園から高校まである環境抜群の学校で、National CurriculumとCambridge Curriculumの二つのカリキュラムから選択できます。
スポーツ、アートも盛んな学校で、広々とした校庭、校舎でクラス数もそれほど多くないので、ゆったりとした環境で学ぶことが出来ます。
人気校のため、入学はウェイティングリストになるほどです。

インターナショナルスクール

インターナショナルスクールは、様々な国籍が入り混じった国際色豊かな学校で、授業は英語で行われます。
授業料が高額なこともあり、入学する子供たちは外国人が多くなるため、友達同士の会話は英語を使用することが多いようです。
英語習得目的の場合は、ぴったりの環境といえるでしょう。
インターナショナル校でもインドネシア語の授業があるので、日常会話程度のインドネシア語は自然に身につきます。

Green School Bali

グリーンスクールは、2008年に創立された幼稚園から高校まであるバンブー建築の学校です。
世界最先端のエコスクールであり、この学校を見学するツアーがあるほど素敵な校舎となっています。
創設者はバリ島でジュエリー・ビジネスを起業して成功したデザイナーのジョン・ハーディー氏。
学校内のバンブーハウスに宿泊しながら様々なプログラムを体験できるグリーン・キャンプは、世界各地から多くの人たちが訪れる人気プログラムです。
所在地 : ABIANSEMAL

Bali Island School (BIS)

以前はBali International Schoolという名前であった、1985年創立されたインターナショナルスクールです。
International Baccalaureate (IB) プログラムを採用し、幼稚園から高校まである、広いグラウンドもある学校となっています。
所在地 : SANUR

Australian International School (AIS)

1996年に創立された、幼稚園から高校まであるオーストラリアのカリキュラムに沿って学習するインターナショナルスクールです。 広いサッカー場が目立つ、設備の充実した学校です。
所在地 : KEROBOKAN

2018年5月26日

Copyright© Hari-hari Bali Support ★ ハリハリ・バリ・サポート , 2019 All Rights Reserved.