生活

バリ島に移住するための費用とノウハウ

バリ島で生活をする!

旅行で訪れて好きになったり、仕事の都合で暮らすようになったり…等々、異国の地に長期滞在や移住することになるきっかけは、各人各様だと思います……。
そこから一歩進んで、長期滞在や移住を希望する土地で実際に生活できるかどうか、考えてみましょう。
こちらでご紹介するのは、バリ島での長期滞在や移住するにあたって特に考えておきたい事柄です。

 

食べ物について

バリ島である程度長い期間生活するとなると、必然的にバリ島のローカルフードを食べる機会が増えます。
インドネシア・バリ島の食事は、サンバルや香辛料が効いた食べ物が多いので、これらを美味しく食べることができるかどうか、自らの体質や感覚とよく照らし合わせて検討しておく必要があるでしょう。
バリ島で生活しながらも、常に日本食品専門スーパーで買い物し、外食は和食レストラン、というのは味気ないものです。
生活する上で特に重要となる食事については、できればバリ島のローカルフードでも問題なく食べられるようにしておくのが好ましいです。

言葉について

バリ島は世界的な観光地なので英語が通じるところも少なくありません。
しかし、長期滞在・移住するのであれば、インドネシア語の習得を強くお薦めします。
幸いなことに、インドネシア語は世界一簡単な言語、とも言われています。
文法は合理的かつシンプルであり、文字もローマ字表記のため、勉強するにも分かりやすくて覚えやすい言語です。
日本出発前に時間がある場合は、簡単なあいさつ程度のインドネシア語を覚えておくと良いでしょう。
なにより、インドネシアの人々はおしゃべり好きなので、日々のやりとりが楽しくなりますし、使っているうちに必ず上達します。

お金について

お金のこと……バリ島の長期滞在・移住にあたって特に気になりますね。
バリ島で働いて収入を得る、あるいは日本からの年金や家賃収入等で生活費を得る……言うまでもなく、どのような場合でも、バリ島で生活するには一定の収入が必要です。
バリ島の仕事や生活費、物価については他の項目でご紹介していますが、ここでは、生活費と同様に考えておかなければならない、日本出発前・バリ島到着後の支出についてご紹介します。
具体的に、長期滞在をするにあたって、必要な手続きと費用を見ていきましょう。

バリ島移住前に日本で行う手続き|費用

バリ島に移住するための具体的な手続きなどは、遅くとも日本出発の半年前から、少しずつ手続きを進めていく必要があります。費用がかさむものを中心にご紹介していきます。

- 出発6ヶ月前~ -

・歯や持病の検診の費用・・・約3万円
歯の検診や持病の治療は、出発前にチェックしておく。
特に歯科医院については、残念ながらお勧めできる良質な施設がバリ島にないため、虫歯予防のためにもクリーニングをしてしておく。

・インドネシア語習得のレッスン費用・・・約6万円
最低限のインドネシア語を習得するために、少なくとも半年前からレッスンに通うのが好ましい(費用は月1万円前後)
独習も可:昨今はとてもよくできたスマホアプリや独習サイトが充実しています(追ってブログで取り上げていきます)

- 出発2ヶ月前~1ヶ月前 -

・パスポートの取得費用・・・約1万6,000円
残存が少ない場合は、日本で10年用のパスポート取得を推奨。

・インドネシアのビザ取得費用・・・約4万円
インドネシアには様々なビザがあり、滞在日数が長く、現地で就労もできる「就労ビザ」は、最長2年間有効。
「リタイヤメントビザ」というビザもあり、バリ島で就労せずにリタイヤ組として滞在する方が対象。

- 出発1ヶ月前~2週間前 -

・バリ島下見費用・・・約20万円
本格的なバリ島長期滞在の前に、バリ島に訪れて現地の暮らしや食事の様子を見ておくとよい。

・出発時の航空券運賃・・・約10万円
移住では荷物などが多くなることを想定し、航空券代は多めに見積もっておく。

- 出発2週間前~出発まで -

・各種税金やその他解約の手続き・・・約20万円
国民年金加入は任意のため、引き続き加入する場合は費用がかかる。
また、住民税は引越しの時期によっては、先半年程度の後払いが必要。
各種光熱費や電話・インターネット代金などは、解約月の翌月まで請求が来ることが多いため、思った以上に宇大きな支出となる。

- バリ島移住後に行う手続き・費用 -

・バリ島での仮住まいの確保・・・約15万円
バリ島に到着してから長期滞在・移住のための家を探す場合は、見つけるまでの宿泊代が必要。
ある程度設備の整ったところで滞在する場合は、1泊5,000円前後は必要。

・給与をもらえるまでの生活費・・・約15万円
現地で就職先を探す場合は、収入を得るまでの生活費も思った以上にかかる。
就職先が決まっていて、すぐに就労して収入を得ることができる場合は別。

・KITAS取得費用・・・約10万円
インドネシアで長期滞在するには、就労ビザとは別に、KITAS(キタス)という一時居住ビザの取得が可能。
KITASを取得することで、運転免許証の取得など、現地人と同様の扱いを受けられる。
就労ビザは「働くためのビザ」、KITASは「住むための許可証」。
手続きは現地でしかできないため、最初はエージェントを通して取得することが多く、高額となってしまう。

バリ島移住の最終的な予算

バリ島移住に際して、日本出発前からバリ島到着後しばらくの間、多くの手続きと費用が必要になります。
手続きについて、主に費用がかかるものを説明しましたが、実際は家族構成などによっては、さらに複雑な手続きが必要となるでしょう。
費用については、出発前・出発後の合計で、約105万円となりました。
この額についても、単身か家族で移住かによって大きな差が出てきますが、バリ島での生活が落ち着くまでということも考えれば、300万円以上準備しておくと安心でしょう。

まとめ

観光目的でインドネシアを訪れる場合は、30日以内に限りビザが免除となります(2017年12月時点)。
つい最近までは有料で観光ビザ取得が義務付けられており、逆に60日間ビザ免除の時代もありました。
このように、インドネシアでは短期間で制度が変わってしまうことが度々あります。
そのことを念頭に置いて、渡航前には最新の情報を入手しておくようにしましょう。

確実に言えることは、日本に居る間にできることはやっておくことで、費用は抑えられるということです。
例えば、日本出発前にバリ島で滞在する家を決めておくことによって、仮住まいの費用や時間はかなり節約することができるでしょう。
日本在住の時点でバリ島での就職先を決めた場合は、すぐに安定した収入を得ることができます。
早めの行動を心がけ、バリ島での生活を始めましょう。

投稿日:2018年5月26日 更新日:

Copyright© Hari-hari Bali Support ★ ハリハリ・バリ・サポート , 2018 All Rights Reserved.