交通手段 /バイク

在住日本人も現地人もバイクが主流のバリ島

バリ島では、通勤や買い物などの移動には、バイクを使うのが主流となっています。
バイク移動の良いところは、渋滞を気にせずに裏道を使ってスムーズに移動できるのところです。
最近は車の移動も多くなっていますが、渋滞問題が深刻になりつつあるため、あまり日常の移動手段には向いていません。
バリ島には公共バスもありますが、時間通り来ないことが多いので、時間に余裕のある人向きとなっています。
バイクや乗用車の購入価格は、日本とあまり変わりません。

【バイクレンタルの料金(参考)】
※バリ島でも人気のスクーピーの料金となります。

バリ島で国際免許は使えるの・・・?

バリ島では、国際免許証を使用することができません。
観光ビザで訪れた場合のみ、30日間有効の二輪車免許を取得が可能となりますが、長期滞在者の場合はインドネシアの運転免許証を取得することが必要となります。
KITASビザを持っている場合は、1年間有効の免許証を取得することができます。
取得費用はRp.400,000です。(2018年現在)

バリ島でバイクや車の運転免許証を取得・延長する方法

バリ島での長期滞在・移住に必要なものといえば、バイクでしょう。
こちらでは、バリ島内で免許を取得・延長する方法をご紹介します。
バリ島在住者やリピーター、これからバリ島に長期滞在・移住を考えている方もご参考にしてください。

【インドネシア・バリ島の運転免許証は3種類】

免許証の事をSIM(シム)といいます。
免許証の右上の「A」は普通車、「B」は観光用に使う専用車やバスやトラック、「C」はバイクとなります。
バイクの免許証は、「SIM C」ということになります。

【バリ島ではバイクの運転免許証を誰でもお金で買える!】

日本ではありえないことですが、バリ島でバイクの免許を取得するのに、講習会や試験などはありません。
バリ島では、お金を払えば誰でもバイクの免許証が取得することが可能です。

【バイクの免許証の更新時期・料金】

1年間の免許証ならRp.500,000(約4,300円)、5年間の免許証ならRp.1,500,000(約13,000円)となります。
観光 又は ソシアルビザの場合は、1ヶ月に1度の更新が必要です。
キタップ 又は ファミリービザをお持ちの方は、5年に1度の更新が必要です。

【バリ島の免許センターの場所】

バリ島の免許センターは、クロボカン地区にある警察署(Polresta Denpasar)に併設されており、こちらで免許証の取得・更新が出来ます。
※免許取得 又は 延長手続きに必要なもの: パスポート / 各種ビザ / 住民票 / 更新前の免許証

【免許センター内での免許取得・更新手続きの流れ】

書類提出と支払い → (数時間の待機) → 証明写真の撮影 → (数分の待機) → 免許証発行 という流れになります。

【大型スーパーに併設された免許センターもあります!】

バリ島クタエリアのサンセットロード沿いにある、大型スーパーマーケット・カルフールの駐車場に、小さな免許センターがあります。
こちらでも免許の更新手続きが可能です。 ただし、週に1回のみの営業となっており、キタスやキタップの長期滞在用のビザ 又は KTP(インドネシア人の身分証)を持っている方しか手続きが出来ません。

投稿日:

Copyright© Hari-hari Bali Support ★ ハリハリ・バリ・サポート , 2018 All Rights Reserved.